【ようこそ!はじめまして!】
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このブログは、最近なにを思ったかエレキギターを始めてしまったケンケンの
脱ギター初心者ブログ&日々の日記です。


度々登場する友人のギター弾きRにはギターを選ぶとこから世話になりっぱなし。
その教えを忘れないように書き留めておくメモ帳がわりブログ??
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - -
ぴかぴか(新しい)メッセージ&相互リンクぴかぴか(新しい)も募集しています。
この曲がカッコいいよ!とかこんな練習が効果的だよ!とかなんでもいいんで手(チョキ)
もちろんギター話じゃなくても決定ですよw

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - -
ぴかぴか(新しい)ランキングに参加していますぴかぴか(新しい)

人気ブログランキング.gif つくろぐ画像.bmp にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - -

2014年10月26日

音叉によるチューニング

音叉(オンサ)のよるギターチューニングの方法です!

そう音叉(オンサ)を購入したのであります。

◎ishibashi TUNING FORK(音叉)



さてさて音叉(オンサ)を使う前に、ハーモニクスという
テクニックを身に着けなければいけない。
ハーモニクスといういうのは倍音を得るためのテクニックです。
僕もまだよく分かってませんが、音を聴けばなんとなくわかる。

ここではチューニングに必要な5フレットと7フレットで
ハーモニクスを出せるようにする。

ハーモニクスチューニング.bmp

どの弦でもやり方は同じです。

まずは5フレットでハーモニクスを出してみる。
(とりあえず6弦の5フレットで練習)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
まず5フレットのバー(金属)の真上に指を置く!
(注意1−−弦を押さえるのではなく、弦に触れているだけ)
(注意2−−必ず金属のバーの真上!)

そしてピッキングとほぼ同時に5フレットの指を離す!
(注意1−−ピッキングしてからすぐ指を離す感覚)
(注意2−−ピッキングより先に指を離すなexclamation×2
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これだけです! ポ〜ンるんるんっていう高い音がでたら成功わーい(嬉しい顔)
このテクニックを使ってチューニングする。

ここで音叉が登場ぴかぴか(新しい)

音叉をヒザなどで叩いてそれを耳に近づけると
A(ラ)の音が出る。

音叉.bmp

その音と先ほどの【6弦5フレットのハーモニクス】が同じ音に
なるように合わせる。まずは6弦から合わせるって事です。

それをあわせたらもう音叉は用無しですもうやだ〜(悲しい顔)
そのためだけに存在する音叉を不憫に思う…。

あとは全てこのハーモニクスというテクニックで合わせていく。
(以下ハーモニクスはH)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
6弦5フレットのH と 5弦7フレットのH
5弦5フレットのH と 4弦7フレットのH
4弦5フレットのH と 3弦7フレットのH

【3弦はイレギュラーで普通に弾いて合わせる・Hは使わない】
3弦の4フレット と 2弦の開放(0フレット)

2弦5フレットのH と 1弦7フレットのH
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
最初のうちは合わせてみても微妙に音がずれているはず。
(自分の耳の悪さを実感がく〜(落胆した顔)

なので面倒でもチューナーで確認してみる。

最初からチューナーを使ってチューニングすればいいのだが
それだと耳が鍛えられない! 音楽をやる上で耳がいいに
こしたことはないそうな!! あ〜めんどくせぇなふらふら

チューナーだけでいいような気がするがどうなんだろ!?
いかにも原始的な気がするのは僕だけだろうか…。
posted by ケンケン at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | チューニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。