【ようこそ!はじめまして!】
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このブログは、最近なにを思ったかエレキギターを始めてしまったケンケンの
脱ギター初心者ブログ&日々の日記です。


度々登場する友人のギター弾きRにはギターを選ぶとこから世話になりっぱなし。
その教えを忘れないように書き留めておくメモ帳がわりブログ??
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - -
ぴかぴか(新しい)メッセージ&相互リンクぴかぴか(新しい)も募集しています。
この曲がカッコいいよ!とかこんな練習が効果的だよ!とかなんでもいいんで手(チョキ)
もちろんギター話じゃなくても決定ですよw

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - -
ぴかぴか(新しい)ランキングに参加していますぴかぴか(新しい)

人気ブログランキング.gif つくろぐ画像.bmp にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - -

2014年10月20日

チューニングのやり方

チューニングのやり方を一応・・・。

まあ市販のチューナーを使って6弦から順番に合わせていけば
いいんですが、弦を変えたばっかりだとなかなか安定しません。

そういう時は、何度もやるしかない手(グー)

そのうち合ってきますのでわーい(嬉しい顔)

チューニングに関して注意点をあげておきましょうわーい(嬉しい顔)

なんか僕が先生になったみたいぴかぴか(新しい)

まあの教えだって事は
内緒で・・・。
チューニングする時には、ギターの先にあるペグを回して
弦を、しめたり・ゆるめたりしてやるんですが、その音に
合わせる時はゆるめた状態から、しめた状態に持っていく
ように合わせる。

しめた状態から、ゆるめていってチューニングしてはダメexclamation×2

それをやると、すぐに音がくるってしまう。

必ず弦がゆるい状態から、きつくしていって合わせる。

そうすると張力が保たれやすいらしい。

ふむふむひらめき

あとは、チューナーばっか使わないで耳で合わせろとのことがく〜(落胆した顔)

やり方を聞いたら、音叉(おんさ)を買えとのことふらふら
いくらかは分からんが、別に高いもんじゃないみたいわーい(嬉しい顔)

なんかいろいろ必要になってきたな。
楽器屋さんに出没だなダッシュ(走り出すさま)

posted by ケンケン at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | チューニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61793034

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。